FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜怒思悲憂恐驚の七つの感情(七情)は内蔵を傷つける

東洋医学では病気の原因を、
①外因
②内因
③不内外因
の3つに分類しています。

内因とは、人間の内側からわきあがる感情の過剰な変化が内蔵を傷つけるということです。
この感情を七つの感情を七情(しちじょう)と呼びます。
①喜
②努
③思
④悲
⑤憂
⑥恐
⑦驚
の七つです。

喜びは心(心臓)、怒りは肝(肝臓)、考えすぎると肝(肝臓)、悲しみ、憂いは肺、怒りや驚きは腎(腎臓)を傷つけます。
もちろん東洋医学の五蔵と、現代医学の内蔵とは必ずしも一致するものではありません。

ここで注意すべきは、必ずしもネガティブな感情だけが内蔵を傷つけるわけでなく、ポジティブな感情も含むということです。
過ぎる感情の変化が重要なのです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。